2012年08月16日

果物の汁

30代以上の世代では子供の頃、
「コーラやキリンレモンを飲むと骨が溶けちゃうよ」
なんて言われていたのではないか。
我が家もそうだった。
あの炭酸でシュワシュワって溶けていってしまうのだと。
そして、信頼の印$カ協のジュースばかりを飲んでいた。
生協のサイダーを・・・。

子供は単純である。
何も考えず、小学生の頃まではコーラを本当に避けていた。
で、生協のサイダーならば絶対的信頼の下に飲んでいた。
コカコーラ社の炭酸と生協の炭酸は違うのか。
なわけないだろう。
良い意味でプロパガンダみたいなものだったんだろうなあ。


DSC_0629.JPG
↑クリックで拡大

ところでだ。
先日、出張から帰りの新幹線。
あまりに退屈で飲み終わったポカリスェットのペットボトルを見ていて気付いた。
原材料のところに「果汁」と書いてあるのに、
その右には「無果汁」の大きな字。
誤植なのか。
隠し味を隠し切れなかったのか。
これを誰かに伝えたい気持ちで退屈さは一気に吹き飛んだが、
家に帰って調べたら、何のこともなかった。
果汁5%未満の場合には無果汁と表記してもよいらしい。

ただ、疑問は残る。
何の果汁なんだ。
なぜ何の果物か書かないのだ。
中途半端に隠す隠し味だなあ。
味からしてグレープフルーツだと思うんだが。
それとも予想外な果物でも入っているのか。




書いててどうでも良くなってきちゃった。
退屈しのぎからネタを拾ってくるのはやっぱりダメだ。
posted by しのいち at 01:42| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ピクる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

おまけ

自販機でタバコを買った。
取り出し口から拾い上げると
もれなくライターが付いてきた。

おっラッキーじゃん。

得した気分になる。
次もこの自販機で買おうと思った。
そして次もそのまた次もこの自販機で買った。

Image133.jpg

どうすんだ、こんなにライター集めて。


一日一個のライターは逆に客を遠ざける。
posted by しのいち at 23:46| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ピクる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

タイムアウト

こつこつと貯めたもの。
でも使えなければ、何の意味もない。

Image082.jpg

「日本のビールの先駆け」を飲もう!キャンペーン。
30万人に当たるらしい。
いや、当たったらしい。

締め切りは4月6日。
今日は4月7日。
もう遅い。

このキャンペーンのために飲んだビールは24本。

たのむ、1枚1円でいいから、
このシール換金して。
posted by しのいち at 23:47| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | ピクる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

縦で攻めるか横で攻めるか

今、街のあちらこちらにあるビンゴカード。

Image081.jpg

じきにゲームが始まる。
告示という号令でそのゲームが始まるらしい。

ところで今週は都知事選挙。
皆さん、お手元に招待状が来てるでしょ。
お金のかからないゲームなので、
皆さん、行きましょう。
posted by しのいち at 23:08| 東京 ☔| Comment(10) | TrackBack(1) | ピクる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

猫はコタツで丸くなる

・・・はずだ。

けれど、コタツがなかったらどうしよう。
猫にコタツが相場だなんて勝手な話だ、と猫は思った。

Image050.jpg

程よい台を見つけた。
丸くなるのにちょうどいい大きさ。
確かに暖かい台。

けれど熱くはないのか。
下は炎がメラメラしている。
本来ダルマストーブには湯気の立つやかんが相場だ。

猫よ、するめじゃないんだから。
焼けちゃうじゃないか。
それとも実は下りられなくなって諦めてしまった結果なのか。

あらぬ心配をよそに気持ちよさそうに見えることに違いはなさそうだ。

そんな、とある田舎のとある駅のとある待合室での一枚。
この3時間後、同じ待合室を通りかかるも
猫はまだストーブの上だった。

人はマイホームを持つと強くなるという。
一国一城の主。
まるでこの猫にとってこのストーブは城なのだろうか。
誰もこのストーブの城を侵すことはできない。


posted by しのいち at 01:42| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | ピクる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

傘の花が踏まれた

くしくも31歳になった昨日、
くしくも嵐のような東京地方。
異様な光景を目の当たりにした。
Image001~00.jpg
捨てられた傘たち。
目的を果たせずに息絶えた傘たち。
お手軽なビニール傘だが、その命のお手軽だ。

大量消費世界の切ない縮図を見た感じがした。


31歳になったのだから、たまにはまともなトピックをね。
posted by しのいち at 01:41| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ピクる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。