2006年11月27日

短評ダイジェスト

久々の日記になってしまった。

その理由は、
体調がよくない
仕事が忙しい
睡魔に襲われる
などなど。

しかし、一番の理由は倦怠期。
だれしもあるでしょう、そんななんとなくやる気が起きない事が。

しかし、そんなわたしをよそ目に世間は何一つ影響されることなく動いている。

そこで、最近の出来事に対して思うことをダイジェストにしてみた。


小笠原、おまえもか。
球界にはたくさんのブルータスがいる。
だか、そのブルータス達はみな痛い目に遭っている。
そこまでして欲しいのだろうか、巨人OBの称号。
そして、なぜ反省をしないか、読売フロント。
新しい血を入れるのは結構なことだが、
A型の体にB型の血液を入れたって意味がないことぐらい考えろ。
点滴する前に、自ら血を作る努力をしろ。


ところでなんのための集まりなのかタウンミーティング。
そんなに質問する人がいないのならば、
質疑応答なんてしなけりゃいいじゃん。
そう、発表会でいいと思う。
その前にやる必要あるの?
ああ、タウンミーティングって何なのか調べる興味も湧かない。


結局マスコミはさあ、報道のネタとしてしか見てないんでしょ。
別に最近だけのことじゃなくて、
いじめなんて昔からあったじゃん。
それなのに今だけ拡大して報道するものだから、
自殺志願予備軍が思い留まらなくなっちゃった。
逆に騒がなくなってごらん。
案外、それが解決策なのかもよ。
文科大臣の声明は立派だったんだけどね。
あほみたいに騒いでるマスコミなんていじめられてしまえ。


久々だから、ちょっと毒気づいてみた。

そんなわたし、先ほど大家さんにごみの分別について
注意されたことにまずは反省すべし。
posted by しのいち at 00:03| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 時事ネタのオハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

4杯5日

誤植ではない。

5日間で4杯。
吉野家で食った牛丼の数だ。

暴食に違いない。
でも吉野家の牛丼は、
やっぱり吉野家の牛丼だった。

1日限定で復活した時に比べ、
お求め安くなった。
数量限定とはいえ
夜9時ぐらいだったら、まだ残っている。
並ばなくてもよい。

真っ赤に生姜をのせて、玉に七味。
これが似合う牛丼はやっぱり吉野家。

久々の吉野家はどうかな、
と思いながら、試しに食ったのが、
逆に食われた格好だ。
2日から4日連続吉野家。
どうかしてる。

さて、来月も1〜5日販売される。
美味いからといっても、大人としても節度が求められる。


明日で31歳。
30歳最後の記事がこれか。
反省、いや猛省だな。

posted by しのいち at 23:59| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタのオハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

大盤振る舞い

10月になった。
秋冬の始まる月であり、下半期が始まる月でもある。
だから、10月を機に世の中でも動きが起こる。

わたしのケータイ、ボーダフォンも替わった。
会社がソフトバンクに替わった。
以前、呼び名をどうしたものかと要らない心配をしていたが、
広告なんかを見ていると「ヤフーケータイ」に落ち着きそうだ。
(個人的には、「ヴァンクフォン」で行こうと思っているが)

そのケータイ業界だが、ナンバーポータビリティなるものが始まる。
これが実施されると、ケータイ会社を替えても
電話番号と惜別する必要がなくなる。

確固たるブランド力と豊富な機種のラインナップを揃える
ドコモとauは余裕綽々といった感じ。
コロコロ親会社が変わり、機種に電気メーカーが参入したがらない「ヤフーケータイ」
はあの手この手で引止めに力を入れている。
機種変更や新規契約の際に、
無茶なポイント加算に無茶なパケットし放題。
会社の利益って何?
と思えるぐらいだ。

そして、無茶苦茶な攻勢の極み、
それはi podとの抱き合わせ販売。

高枝切りハサミに布団圧縮袋がついてくるぐらい、
無理矢理感を感じる。
独禁法のカラミは大丈夫?
なんて思ってしまうが、
2GBのi pod nanoがケータイ+8,000円の価格設定。

わたしの場合、
ボーダフォンを何の意味なく、
ダラダラ持っていたおかげで、ポイントが17,000円分。
加えて、9/30までの無理矢理キャンペーン5000円分と
他社に替えない代わりにつけてくれる無理矢理なポイントが10,000円分。
なんと、32,000円分もポイントがあるのだ。
機種変更14,000円とのことで、
i pod nanoをつけても10,000円のおつり。

もちろん、機種変した。

ただ、ショップへ行ったのは、
ボーダフォン最終日の9月30日。
夕方だというのに、客はわたしだけ。
ホントに大丈夫なの、ヴァンクフォン。
posted by しのいち at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタのオハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。