2007年04月11日

どこの水でも一緒でしょ

天然水仕立てが売りのサントリーモルツ。

缶のデザインが変わった。
Image085.jpg

ちょっとザラザラした質感のあるデザイン。
悪くない。
でも、確か前のデザインになって1年ほどしか経ってない。

何かが変わったのか。
もしくは何かを隠しているのか。

缶をくまなく見渡すと程なくして原因がわかった。

どこの水を使用しているのか、の表示が見当たらない。
例えば、赤城山系とか丹沢山系といった表示。
実はサントリーは国内に4つの工場があって、
その表示でどこの工場で作られたのかがわかるのだ。

そこで考えられるのはどこかの工場で不祥事をやらかして
出荷停止になってしまったのか、
工場自体を閉鎖してしまったのか。
だから、どこの水を使っているのか、隠してしまったのだろう。

ただ一つ言えることはどこの水を使っていても、
味はまったく変わらない。
いや、少なくともわたしにはその違いがまったく伝わらなかったということである。

あっそうか、天然水をやめて水道水に変えたのかも。
水道水による天然水風味だろうか。
posted by しのいち at 23:58| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | ビールのオハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
へ〜、そりゃ知りませんでした。というか、わたし今現金23円です...。今日奨学金の振込日だと思って銀行行ったら引き落とせなくて...。急いで大学院事務室のお姉さんに尋ねたところ、4月は新年度だからいつ振り込まれるかわからないそう...。実家だから食いっぱぐれはしませんが、これじゃ何も出来ません...。ということで、緑色のエビスもこの新しいデザインのモルツも当分お預けです...。ぐす。
Posted by junko at 2007年04月12日 00:22
天然水→ナントカ還元水。間違いない(´-`)
Posted by へろ at 2007年04月12日 01:19
水道水による天然水風味。
を実現したとしたらコスト削減の技術革新かなんかで、開発者は社長賞あたりもらえそう!
味やニオイのキツイ納豆やラーメンのスープも、水によって味が変わるとされていて、こだわっているところは多いはず。ぜひ、サントリーに弟子入りをおすすめしたいところですね!
Posted by あさっち at 2007年04月12日 01:41
junkoさん、どうもです。
おや、9日の134円から111円使いましたね。
23円しかないって、平成のこの時代に・・・。
小麦粉を水に溶かして、飢えをしのぐといいっすよ。
やったことないけど。
でもjunkoさんからビール取っちゃったら、
鬼から金棒取っちゃったようなものじゃない。
強い姉さん、がんばって!

へろさん、どうもです。
ああ、ナントカ還元水〜
それじゃあ、表示できませんね。
でもナントカ還元水はそれはそれは高い水なんですよね。
確か年間500万もするような。
限定で作ってくれないですかね、議員宿舎で。

あさっちさん、どうもです。
なんだかできような感じがする、水道水による天然水風味。
でも、塩素消毒はちゃっかりしてあるんだろうね。
府中にサントリーの工場があって、見学に行ったことがあるけど、
本当に丹沢から水を引っ張ってきているんだって。
ところでサントリーと言えば、南アルプス天然水。
あれも南アルプス天然水風味だったりして。
Posted by しのいち at 2007年04月13日 00:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。