2007年04月10日

バンザイなしよ

京都府議選の京都市中京区選挙区で、同区選管が確定票を発表する際、得票数を入れ間違え、トップ当選だった自民現職植田喜裕さん(57)を落選、落選した民主新人の田中健志さん(37)を当選とするミスがあった。

 同区選管は約20分後に発表を訂正した。

 市選管などによると、候補者ごとの票数を集計表に転記した時に間違った。この発表に基づいて、NHK京都放送局が一時、誤った速報を放送した。

 事務所で万歳をした田中さんは「喜んだのに」と肩を落とし、植田さんは「目の前が真っ暗になった。奈落の底からよみがえりました。ミスでは済まされない」と、区選管に怒りをぶつけていた。                     (読売新聞)

昨日の統一地方選。
東京ではやっぱり石原都知事の3選。
みなさんは投票ゲームに行かれたのだろうか。

有権者としては、投票しないよりは
ゲーム感覚でも投票所に行った方がいいと思っている。
しかし、投票される側、
つまり立候補者としたら気が気でないはず。
それなのに当選者を間違えるという事件が起こった。
しかもそれがマスコミの選挙速報ではなく、
選挙管理委員会だというから、堪ったものではない。

まさに「バンザイ無しよ」である。

ダルマだって黙っていられない。
成就していないのに両目を入れられて、節穴状態である。

でもこうした事態が起こり得る原因はなんとなくわかる。


3つ前の都知事選。
今は亡き青島幸男が当選した選挙。
実は、わたしはとある市で選挙管理委員会のアルバイトをした。
そして開票作業もした。

朝7時から小学校の体育館でパイプ椅子に座る。
有権者が持ってくる投票券と有権者台帳なるものと
照らし合わせてチェックをつけていく。
ただそれだけの作業を夜8時まで行う。

投票所というのは実にダラダラした雰囲気である。

立会人と呼ばれる地域の町内会長や婦人会役員などは
ただのおじちゃん、おばちゃん。
その辺の職員を捕まえては、
うちの息子がどうした、暑いだ寒いのなどと
どうでもいい話ばかりしている。
職員は、と言えば、休日出勤のせいか、機嫌が悪い。
心なしか、言葉の語尾には小さな舌打ちがもれなくついてくる。

そんなユルイ午前が終わり、昼飯。
出されたものは出前のうな重。
ここでは職員の意欲も高まる。
ただし、職務に戻った途端に、
またユルイ午後が始まる。
うつろうつろしながら、
立会人のおばちゃんからお菓子を差し出されたり、
ある時はすでに剥かれたみかんを差し出されたり。
そんな感じで投票の終わる20時まで過ごす。

ところがだ。
20時まであと30分辺りから
これまでになかった雰囲気に包まれる。

やる気を失せていた職員たちが
投票所の撤収を密かに始めている。
なんだか目つきが違う。
立会人の姿も見えない。
体育館のそばに数台の車が横付けされる。
これから何が起きるのか。
とりあえず20時で投票が終わることだけは確かだ。

体育館の時計が20時を指す。
最後の有権者が投票し、体育館を出た瞬間、
すぐさま入り口の扉が閉められる。
そしてアルミの投票箱は
小走りの職員によって外に運び出される。
「さあ、いくよ」の声にわたしも周りも小走りで体育館を出る。
外ではすでにエンジンをかけられた車がスタンバイ。
乗るや否や、車は走り出す。

車が向かった先は市の総合体育館。
市内各地の投票所から投票箱が集まる。
ここでも停められた車から皆小走りで移動する。
恐ろしいことに他の投票所クルー達も小走りだ。

館内に入ると数十、いやそれ以上に用意されたテーブル。
あらかじめ投票所別にテーブルが指定されている。
さっそうと指定されたテーブルを囲むようにして立つ。
そこでようやく職員に笑みが垣間見えた。
職員によれば、この開票所入りの時間は競争だと言う。
どうやら、その競争ではいい結果だったらしい。
別にどうでもいいじゃないか、と思っていたが、
後の方に入ってきたクルーは息を切らし、
テーブルに着くとうなだれている。
まんざら、どうでも良くはないらしい。

全クルーが集まると、
選管委員長だったか市長だったか、
短い挨拶の後、一斉に開票が始まった。
ここでもスピード勝負である。
候補者ごとに仕分け、山を作っていく。
「もうちょっとピッチをあげて」
隣から催促が出る。

ほどなくしていくつかの山が築き上げられた。
それぞれの山は機械にかけられ、枚数を計測される。

ちなみに投票する時、たいてい二つ折り、四つ折りにして
投票箱に入れていくものだが、
特殊な紙を使っており、
箱の中できれいに平らになる。

計測された数値を各クルーのリーダー格の職員が
事務局と書かれたテーブルまで報告しに行く。

早く終わると、まだ開票をおこなっている周りのテーブルから
羨望の眼差しを受ける。
「すげえな、○○地区」みたいな感じで。
それがスピード勝負の所以なのか、
それとも1分でも早く休日出勤から帰りたいのか。
たぶんは両方とも正解だと思う。


さて話は戻るが、
そんな状況で「バンザイ無しよ」はない。
やっちゃいかん。
もし、タチの悪いわたしの場合、
「そっちのせいなんだから、両方当選にしろよ」
とごねるに違いない。

ラベル:選挙
posted by しのいち at 00:46| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 時事ネタのオハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しのいちさん、
あはは。面白かったです。(失礼)
正に「投票所&開票所物語」byしのいち。
って感じ。
弟も選挙の立会人を、いつもしているけど、
きっと頷いて読ませて貰うだろうなと思いました。
流れるような言葉のリズムに、
その光景が目に浮かんでくるようでしたよ。

それにしても、当選が落選が入れ替わるとは、いただけないですね。。
Posted by ほたる at 2007年04月10日 01:48
立会人のバイト代って、日給2万円って本当?
市区町村によっても違うのでしょうか?
座っているだけで2万はボロいバイトだな〜と
思ったのですが、最後は大変な仕事が
待っていたのですね。

日曜、小学校の教室で私が投票しようとした瞬間、
母親に連れられて来ていた幼児が、投票箱の
観音開き鉄製の蓋をバンバンと閉じてしまいました。
一瞬ボー然としていると母親が飛んで来て
すみません!(閉じている蓋を指差して)コレは
こうでいいんですか?と言うので、私は狼狽しつつも
蓋を開けようととしました。そこでやっと立会人の
オバサマが来て、蓋を開いてくれました。
のんびりムードとはまさにこういうことですね…。
Posted by みすと at 2007年04月10日 09:39
なるほど、先日のの県議選投票所もユルユルでしたー☆
しかも19時半をすぎてたのに!って秋田の場合は単に地域性かもね〜
Posted by あさっち at 2007年04月11日 00:39
ほたるさん、どうもです。
お褒めの言葉ありがとございます。
青島幸男氏が当選したときだから、
もう10年も前のハナシだけど、
思い出して書きましたよ。
当選と落選が入れ替わるのはシャレにならないですよ。
人気投票の学級委員選挙じゃないんだから。

みすとさん、どうもです。
おっその情報はどちらで。
いい線いってます。
アバウトな記憶だけど、時給1500円、開票作業は残業扱い、
ということで確か1日にして2万円以上もらいましたよ。
昼にはうな重が出るし、選挙は金がかかるというけど、
候補者だけじゃないのかいって感じです。
そうだ、今度行ったときに確認してください。
立会人や職員がウトウトしてないか、
午後1時過ぎだと高確率で見ること出来ますよ。

あさっちさん、どうもです。
19時半を過ぎてもユルユルだった?
そうか、それはたぶんもう夜だからお眠なんだね。
特に寒い時期の選挙だとストーブ焚いちゃったりするものだから、
眠くなるんだよ、たいして有権者来ないし。
Posted by しのいち at 2007年04月12日 00:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。