2007年03月20日

金キリン

樹木希林と間違えそうだ。


電車の中吊りも馬鹿に出来ない。
昨日、ふと見上げた先にあった中吊り広告。
そこには20日発売のビールが描かれていた。

そして、今日その中吊りに釣られて
そのビールを買ったのがわたし。

Image070.jpg
キリン・ザ・ゴールド。
まさに金キリンである。

なぜにゴールドなのか。
その意図はわからない。
だが、サブタイトルのように後に続く言葉が気になる。

隠し苦味・・・

確かにキリンのビールは苦い。
故に比較的若者にはウケが良くなく、
中高年には好まれる。

しかし、「隠し苦味」って。
隠しているんだったら、言っちゃダメじゃん。

という事で、苦いことを前もって知りながら飲んでみる。
確かに苦い。
普通の一番絞りを飲みやすくしたのだけど、
苦味を2割アップした感じ。
すでに中年に片足突っ込んでいるわたしにはアリのビールだ。
キリンはオヤジ路線を強調する戦略なのだろう。

やっぱりビールはデブ缶じゃないとね。
posted by しのいち at 23:53| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ビールのオハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これきのうジャスコで一番目立ってました。
あ、もとい。
ビール売り場で一番目立ってました。
一番絞りより呑みやすいのかあ。
私もありだな〜飲んでみよっと。
Posted by peaceplusocean at 2007年03月21日 12:30
“アフターダーク”の日記から来たのだけれど…
私にはこちらの方がコメントできる。村上春樹は読んだ個とがないから!!ビールは飲んだことがある(笑)
…キリンよりアサヒ派のれいめんです。
やはり中高年…いや、大人な味だからかな?

Posted by れいめん at 2007年03月22日 11:30
おお〜!たまたまわたし今日飲みました!苦みを感じなかったわたしは味も何も感じない単なるアル中中年でしょうか...。
Posted by junko at 2007年03月22日 23:45
peaceplusoceanさん、どうもです。
いや、ジャスコで一番目立ってたんですよ、
ビールは花形商材だからね。
うん、苦味が強調されているけど、
アルコールが低いせいか、すっきりしてる感じですね。
ぜひお試しを。

れいめんさん、どうもです。
確かに村上春樹は飲んでも美味しくないからねえ。
って、飲んだことがある程度じゃないでしょ。
そのうち、じきにわかるよ、
大人の味、いや中高年の味が。

junkoさん、どうもです。
そうですね、アル中中年ですね。
苦味足りませんか、
ならばホップが入ったままのビールがあればいいのに。
さすがはプロのビール飲み師です。
Posted by しのいち at 2007年03月24日 00:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。