2007年03月15日

この桜はありなのか

気象庁が桜の開花予想を訂正。

昨今の温暖化の影響とはいえ、
静岡が13日というのはあまりにも早すぎると思ったのだ。
入学式どころか、卒業式にも間に合わないなんて
桜の花びらの存在意義が薄れてしまう。

ところで、この時期になると
桜にあやかった限定商品が多数出てくる。
特にキットカット。
入試シーズンには電車やタクシーにまでラッピング広告がされていた。
キットカット=きっと勝つぞ。
字の如く、カットされてしまうなんて思うのは、
すれたわたしだけか。

ちょっと前のハナシ。

箱根に仕事で行ったとき、
見慣れないタバコを見つけた。

普段吸う銘柄がそこには無かったため、
試しに買った。

Image064.jpg
「さくら」だ。

写真からは見て取れないが、
桜模様のシールで封がされている。
箱を開けると、
中紙は和紙で出来ている。
ちょっと洒落ている。

もちろん味にいけるのだろうと吸ってみる。

すると、とたんにげんなりする。
マズイ。

最近は専らメンソールを吸っているせいかもしれないが
煙くさい。
「さくら」の名称とパッケージに釣られて買ったが
相場よりちょっと高めの340円のその「さくら」は
中身より外に咲いてしまっている。
結局のところ、同じひらがなタバコである「わかば」に近い。

ネットで調べてみると、
神奈川県限定で売られており、販売期間には限定が無いとのこと。

なんでもかんでも限定=良いという公式があるわけではない。
posted by しのいち at 23:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | いろんなオハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。