2006年12月27日

クリスマスをめぐる冒険 後編の後編

気張って買いにいった割には
あっさり確保できたケーキ。
一晩寝かしていざ食べた。

ホントはもっとデカイケーキのほうが
戦い甲斐があるのだが、
これがセブンイレブンにあった一番大きいサイズ。

フォークではなく、スプーンを取り出す。
どこから攻めようか。
普通に端から食べるのではつまらない。
そう思いつつ、魔の手(わたしの手)が伸びる。

Image034.jpg

魔の手はど真ん中にいった。
イチゴを瞬く間に平らげ、
その下のスポンジケーキまでえぐり取る。
通常、ケーキをカットする時に不可欠である中心から攻めたのだ。
満足のいくファーストアタックに続き、
内から外に向かって食べていく。
なんて贅沢な食べ方なのだろう。

最後の一口が終わると同時に
わたしのクリスマスが終わった。

そして誓う、
来年こそはもっと大きなケーキを独り占めしてやるんだと。



来年32歳、
あまりに小さいロマンだ。

posted by しのいち at 02:01| 東京 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | いろんなオハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おめでとう♪
男の野望とロマンを垣間見ることが出来て良かったよ〜
あたしの『目指せ、焼きプリンバケツ食い』と同じ枝にある野望やな。

どんなくらいのサイズなんだろう・・・
来年は幾分、消化機能が衰えているだろうということも御考慮くださいな。
Posted by たえんちゅ♪ at 2006年12月27日 03:23
甘いものお好きなんですね〜。男っぷり感じます...。(>_<)
Posted by junko at 2006年12月27日 09:44
しのいちさん、こんにちは。
小さいロマン・・・いいじゃないですか!
三部作に渡る大作ブログ、楽しく拝見しましたよ〜。

真ん中から食べるって贅沢ですよね。
私も入院した時、念願の網メロン半分を1人で食べました。
うっぷ・・・って感じでしたが、満足だったなぁ。
因みにクリスマス当日は、昼間フレンチコースを食べ、
夜は1人で「豚キムチ」とライスでしたとさ。美味しかったですよ〜。
Posted by ほたる at 2006年12月27日 12:10
春樹的タイトルに何事があったのかと思えば…www

しかし4号とはいえ、結構なサイズでしょ!
えーっと12cmかな?
よく食べましたねぇ、一人でしかも白いヤツを!!
私と生クリームは”塩と佐藤”くらい意味不明な関係なので
とてもじゃないけどムリです。
今年はチョコにしましたよ、チョコケーキ。

しかしながら、相変わらずの笑かす文章に脱帽。。
Posted by くらげ at 2006年12月27日 17:02
たえんちゅ♪さん、どうもです。
この野望とロマンでよろしかったかしら。
焼きプリンバケツ食いかあ、それはぜひやり遂げて欲しいな。
サイズは12センチのものだった。
ホントは18センチのものを狙ってたちょっと心残り。
来年こそは目指せ18センチ、糖尿なんてクソ食らえさ。

junkoさん、どうもです。
甘いものもしょっぱいものも好きですね。
お菓子は全般的に大好き!
そんな31歳の男っぷりってこんなんでいいのかな。

ほたるさん、どうもです。
いいでしょ、真ん中から食べるケーキって。
でもメロン半分っていうのも贅沢。
いやもっと贅沢だね。
だってコンビニで売ってないし。
豚キムチはクリスマスでも正月でも美味いっす。

くらげさん、どうもです。
あっバレた?
羊を換えただけって。
でもジェイズバーは出てこなかったでしょ。
生クリームダメっすか。
実は昔、生クリームのチューブだけを買って、
啜ったことがあるよ。
チョコもいいよ、チョコも。
Posted by しのいち at 2006年12月29日 00:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。