2006年11月13日

単品よりもセットがお得

ポテトはいかがですか。
お飲み物はいいかがですか。

ファーストフードによくある光景。

1個のハンバーガーにいろんなものをつけて、
最後にちょっとだけ値引きするセット販売。
確かにすべてを単品で買うよりも
安いことは安いが、
抱合せ販売を感じる。
罠を感じる。

所変わって
とあるそば屋。
わたしがよく行くそのそば屋は、
立ち食いそば屋に毛の生えたようなもので、
カウンター席が6つほどの小さなお店。
案外、安くて美味いのがウリ。

今日もその店で、そばを食べた。
冷やしたぬきと卵丼のセット、400円也。

冬でも冷やしたぬき。
汁に漬かり切っていない歯ごたえのある揚げ玉と
冷水で締まったコシが好きだ。
そして、卵丼。
卵でかまぼことたまねぎがとじてある。
チープなB級グルメだが、ボリュームが堪らない。

その店は食券制で、入り口にある券売機で食券を買う。
だから、めったにお品書きを見ることはない。
今日は、普段食べる「冷やしたぬきと卵丼のセット」以外に何があるのか、
食べながら店内のお品書きを見てみた。

すると、驚愕の事実を目の当たりにする。

「冷やしたぬきそば 420円」
セットよりも安い・・・。

ちなみにセットについてくる、ミニ卵丼は240円。
つまり「冷やしたぬきと卵丼のセット」をそれぞれ単品で買うと、
420円+240円=660円。
260円のお得。
こうなれば、わたしでなくとも、迷いなくセットを選ぶだろう。

果たしてこれも罠なのか。
それとも単に店の価格設定ミスなのか。

真相がわからないので、
店の名称は伏せて、しばらく黙って通ってみよう。

posted by しのいち at 02:57| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | いろんなオハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ありますよね、なんか価格設定があからさまにおかしい
セット販売。
私がこの前行ったラーメン屋さん。
タンメンにライスと餃子5ケついて850円。
隣の人はラーメンに野菜炒めとライスがついて800円。
前の人はラーメンに天津丼がついて750円。
麺もの単品プライスですよ。
しかも餃子にいたっては、普通に頼むと450円だそうな‥
残すの分かってて、色々食べられるセットにしてしまうのは
私だけじゃないハズだーーー!
Posted by くらげ at 2006年11月13日 16:50
ランチタイムで、お得なランチセットをあえて選ばずに、単品メニューから選ぶ人って大人だよな〜って尊敬しちゃう。
などと憧れつつも私には未だできない業。即ボリューム満点セットメニューを頼んでしまう。
Posted by あさっち at 2006年11月13日 21:44
くらげさん、どうもです。
餃子5個>野菜炒め>中華丼・・・
餃子単品450円・・・
何だろう、この価値観。
ところが、店のオヤジ、
客を呼び込むつもりが大損してないかあ、
といらぬ心配をしてしまうよ。

あさっち、どうもです。
いや、いくつになっても
やっぱりお得セットがお得なのだ。
安さに釣られないのが大人とは思わんよ。
・・・と自分に言い聞かせるようにしてます。

Posted by しのいち at 2006年11月15日 00:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。