2006年11月08日

移すわけにはいかないテレビ

日記といいつつ、数日前のハナシ。

地デジの訪れはわたしの部屋までも襲う。

わたしが住む共同住宅にケーブルが導入された。
ケーブルを使うのは、決してテレビだけではない。
インターネットだって、電話だってそうだ。
別に地デジ対応としてではなくても、多チャンネルにはなる。
だが、大家さんがこの前、
「地デジはすごいらしいね」
と連呼していたから、その影響に間違いない。

ケーブルが導入されるにあたっては、
住人が立会いのうえ、
ケーブルを室内に入れる工事が必要だった。

しかし、ここのところ、
休みも含めて昼間家にいないわたしの部屋だけが、
この工事がされずにいた。

先の三連休。
工事業者の訪問にあわせ、在宅し、
ようやくケーブルが室内に入ることとなった。

さて、その工事の最中のこと。
工事屋さんがベランダで作業していると、
もうひとり、同じケーブルテレビの会社の人間がやってきた。
同じ会社とはいえ、
工事屋さんがグレーの作業着を着ているのに対し、
後からやってきた人間は紺のブレザーを着ている。

結局のところ、ケーブル導入の工事のついでに
ケーブル加入の勧誘なのである。

分厚いカタログに記された数多の料金プランから
ハナシが相手ペースで展開される。
だが、ほとんど固定電話を使用せず、
ADSLでも不満のないわたしにはちっとも興味が湧かない。

すると、売り文句は本業であるテレビの方へ。
「ケーブルが部屋まで来てしまえば、簡単に見られるんですよ。」
と言って、わたしのテレビを見た瞬間、
ブレザー営業マンの顔は瞬時に凍り、次には険しいものとなった。

視線の先には、今流行りの大画面テレビの逆をいく、
まるで最小サイズに挑戦しているかのようなテレビが。

ブレザー営業マンはこう言った。
「このテレビでは接続のしようがありませんね。
新しいテレビまで待ちましょう。」
敗北宣言だった。

Image013.jpg

このテレビは昔、パナソニックが試験的に発売したテレビらしい。
正面からでは分からないが、奥行きは丸っこい筒。
どういうわけだが、リモコンにはスピーカーがついている。
おまけに画面のサイズは11インチ。
パソコンのモニターよりも小さい。
90年製のそのテレビはケーブルをも
接続しがたい造りだったようである。

実はこのテレビは亡くなったじいちゃんの形見。

神など信じず、無宗教なくせして、
じいちゃんはこのテレビを通じて見守っていてくれる、と思ってしまう。
それならば、テレビの電源を落とすわけにはいかない、
と使って15年。
まだまだ健在である。
2011年の地デジへの完全移行。
楽しみよりも、このテレビとどうやって付き合っていけるのか、
悩みの方が大きいわたしである。
posted by しのいち at 00:13| 東京 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 映画、本、テレビのオハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごいテレビですね!
これじゃ営業マンも勝ち目無いなw

それにしても地デジって何がすごいのか
いまだにわかりません(´ω`)
Posted by へろ at 2006年11月08日 00:41
営業マンが言葉を渋らせたしのいちさんのテレビってすごすぎです!かっこいい〜。

わたしも地デジ何か全然わかってませんよ〜。あと昨今の携帯の料金プランも...。お陰でソフトバンクに代えるの尻込みしてます...。
Posted by junko at 2006年11月08日 11:04
私もテレビ観てないので地デジのこともいまいちわかりません。誰か教えて・・・
おじいちゃんの形見・・・かわいいテレビですね。
置き場所に困るような大画面テレビだったらえらいことになるとこでしたね。
Posted by louise05 at 2006年11月08日 12:46
ああ、完全勝利ですかw
前のマンションの時に
ケーブルテレビの業者がきて工事していきましたが、
やっぱり制服姿の勧誘マンがセットでした。
テレビあんまり見ないので断りましたけどね。

おじいちゃんの形見のテレビ。
映るものがなくなったとしても、
思い出だけは映る、と。そーいうことなのでしょう。
素敵なお話だ。
Posted by くらげ at 2006年11月08日 19:08
しのいちさん、こんばんは。

いいですねぇ。味のあるテレビ。。

>実はこのテレビは亡くなったじいちゃんの形見である。

いつまでも写っていますように。。

地デジ化・・・って、本当に必要なのでしょうか?

私(正確には父がですが)は、長野オリンピックの前に、ハイビジョンのTVを買ったのですが、
最近、中のプロジェクターのランプが切れたとかで、写らなくなり
1つ交換するのに7万円。
1つ変えると、他に負担がかかって結局3つとも変えなければ・・・ですって!
結局、TV自体を買い換えた方が安いという事になりました。
何か損した気分でしたよ。。
Posted by ほたる at 2006年11月08日 22:23
かわいいTV!フォルムがステキ。
2011年後は、懐かしビデオ専用とか、ゲーム専用とか。いずれどうにかして使いたいところですね。
地デジの影響で画像は格段にキレイになったから映画番組の時は嬉しいけれど、それ以外は実際特に直接メリットを感じていません。好きな女優の皺とかシミとか突然よく見えるようになったから、見てはいけないものを見てしまった罪悪感みたいなものを感じてしまう。
あ。私杉並にいたとき、CATV見てたよ、テレビデオで。音楽チャンネルだけはかなりよかったよ!
Posted by あさっち at 2006年11月08日 23:18
へろさん、どうもです。
たぶん、大差でこのおんぼろテレビの勝ちです。
へろさんもそう思いますか、地デジについて。
別に今のままでいいんですけどね。

junkoさん、どうもです。
営業マンに言わせれば、「話にならん」と言ったところでしょう。
そうそう、ソフトバンクの予想外割は、ユーザーですら、まったく理解できず。

louise05さん、どうもです。
かわいいでしょ。
でもすぐに生産中止されたってことは、そういうことでしょう。

くらげさん、どうもです。
完全勝利というか、寄せ付けもしなかった。
いや、近寄られもしなかった。
長寿なこのテレビには、じいちゃんからの
何らかのメッセージがあるのでは、とすら思ってしまうね。

ほたるさん、どうもです。
別に地デジにしなくていいのにっておれは思うんだけどね。
うちの親には、絶対に地デジの必要性も替える必然性も理解できそうに無い。
まったく、金をかけさせやがって。

あさっち、どうもです。
いい形してるでしょ。
戦闘能力ゼロなテレビ。
MTVもスペースシャワーも観れて、
ケーブルテレビの醍醐味は知ってるんだけど、
それもこれも観る時間がないとね。

Posted by しのいち at 2006年11月09日 02:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。