2006年11月01日

避けて通れない道

暦は早や11月。
すっかり秋めいた。
冬の足音だって聞こえていいくらいだ。

暑い夏、
これでもか、というぐらい濃い緑をしていた木々は、
これもですか、というぐらいに葉を落としている。

秋と言えば、「食欲の秋」とも言い、
秋ならでは美味しい食べ物を挙げよ、
と言われたら、
キリがない。

秋刀魚、梨、なす、柿、栗・・・銀杏。

そう、存在そのものは地味ながら、
秋の美味である銀杏。
これができるのは、イチョウの木。

わたしが駅まで抜ける道の途中、
大きなイチョウの木がある。
紅葉を奏でる樹木のひとつ、イチョウ。
塗りたくったような黄色をしている。

だが、このイチョウはもうひとつ奏でるものがある。
それはニオイ。

ご存知、銀杏は臭い。
まるで、イチョウがうんこをしたようだ。

この時期、そのイチョウの木の前を通るが辛い。

やったことがあるだろうか、
自分のおならのニオイを嗅いだことを。
臭いけれども自分が発したもの。
許される。
だが、他人のおならには人間の嗅覚は
厳しい批評を下す。
最上級のしかめっ面になる。
このイチョウはそれと同じなのだ。

自分に甘く、人には厳しいわたし。
イチョウにも厳しい。
前を通ると、嗚咽がする。

では、息を止めて通ったらどうか。
無意味な好奇心が、
そのブロックを一時解除してしまう。

行きと帰り。
ここ最近、一日に2回、避けては通れない難関なのだ。

今の時期はそれほど寒くもなく、
過ごし易いいい時期だ。
だが、この臭い季節。
あとどれくらい続くのだろうか。



posted by しのいち at 23:55| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | いろんなオハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
銀杏ってそんなに匂うんですか?知らなかったです。今度山に登る時、嗅いでみよう。紅葉になる時期だけ匂うんですよね。では葉が散るまでいましばしの辛抱!
Posted by junko at 2006年11月02日 10:12
銀杏のくささがとても伝わってきました。そんなくさいんだ〜。あんまり嗅いだことないかも、よく食べるけど。焼くとおいしいのにね。
Posted by peaceplusocean at 2006年11月02日 18:45
この前の会社近くの公園でランチしようと行ったら、
臭う、臭う。。。
食べたらおいしいのに、なぜ?って思いますよね!
Posted by chocoholic at 2006年11月02日 22:24
銀杏のニオイ=秋の芳しい香り
と思おうと何度か努力をしましたが断念。

ひえええ、一日2回も嗅いでるなんてがんばってるね!!

私はニオイのイメージのほうが先行してたから、銀杏の実はずっと食わず嫌いで食べられませんでした。今は中華料理に入ってたりしてるのを出たら食べるけど、あの「銀杏」か、と思うとなんかね〜ダメ。
Posted by あさっち at 2006年11月02日 22:30
実がたわわに実っている銀杏の木に止まっていたカラス。
なんと、銀杏をお召し上がりになっていました。
嗅覚はないのかね、カラスには…??
Posted by apple mint at 2006年11月03日 00:40
んぁ〜そんなにクサイんだ、銀杏って。
茶碗蒸しとか天ぷらにしたら美味しいのにね。
皮が臭いのかな?ん〜謎。
Posted by まいにゃん at 2006年11月03日 22:51
junkoさん、どうもです。
実がなっているときだけ臭いますよ。
かいでみてください、今度。
ただし、軽い気持ちでは痛い目にあうよ。

peaceplusoceanさん、どうもです。
そう、焼くと美味しいのにね。
ふぐの美味しさと毒の関係みたいなものかも。

chocoholicさん、どうもです。
あのにおいのなかでランチ、
ご苦労様です。
まるでトイレのなかで食べてる様・・・
すみません。

あさっち、どうもです。
ここに、銀杏のニオイに苛まされている人間がもう一人。
あり得ないよね、あのニオイ。
まあ、納豆も子供の頃はニオイでだめだったけれど。

apple mintさん、どうもです。
人間にとって臭くても、
カラスには香ばしい香りなんすね、きっと。

まいにゃんさん、初コメありがとございます。
臭いっすよ〜。
あのニオイのまま、茶碗蒸しに入っていたりした日には
茶碗蒸し丸ごとNGですね。
Posted by しのいち at 2006年11月04日 22:44
いやぁ〜なんか懐かしい記憶が思い起こされる日記だ…。

ウチの大学、銀杏の木だらけだったんだよね。
それはそれは何十本と、素晴らしい銀杏並木。
黄色に色づいた木々、その下のベンチ。
なんか読書でもしたら、ハマるようなシチュエーション。

銀杏じゃなければ、ね。

ただでさえ凄い匂いなのに、学生が踏むからねぇ〜
最悪だったよ。遠目には趣のある構内なのに……

ちなみに朝は近所のおばちゃんが銀杏拾いにきてました。
Posted by くらげ at 2006年11月06日 20:22
銀杏は臭いよねぇ
こないだ、我が家の玄関が臭くて「誰の靴だ?」とクンクンしたが分からない・・・
完璧に人のせいにしていたのだが、ふと私の靴の裏を見てみると
潰れた銀杏の実が、靴裏の溝にはまっていたのでした。
私が張本人だったとは・・・ショックでした。

近くの緑地には銀杏を拾う人の姿が。
美味しいから拾いたいけど臭い。
ちなみに皮膚が弱い人があの実を触るとかぶれるそうですよ
Posted by ます at 2006年11月06日 20:50
くらげさん、どうもです。
イチョウ並木、ある意味地獄ロードだ。
無声映画ならぬ、無臭映像だから様になるってところだろうか。

ますさん、おひさですな。
銀杏を踏んだ靴、在らぬ方向へ誤解が生じそう。
まったく、美味いのに臭いとは罪な食材だね。
えっ皮膚にはよくないの?
アトピー暦31年ながら、知らなかったよ。
Posted by しのいち at 2006年11月08日 00:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。