2012年03月27日

良くない病名

世の中には敢えて勘違いさせる物事が多い。

JR目黒駅は目黒区に無いし、
JR品川駅も品川区には無い。
小田急厚木駅だって厚木市には無い。
そもそも北品川駅は品川駅の南にあって・・・。
これくらいにしとこうか。

川崎病とは京浜工業地帯の公害病だと思っていた。
もやもや病は気分的な病気だと思っていた。
でも脳血管の病気で、
脳出血にもつながる笑えない病気らしい。

そしてわたしは、とある湿疹に悩まされている。
主婦湿疹・・・。
いったい誰が名付けたんだか。

手のひら、甲それぞれの局所に水疱ができる。
これがかゆいものだから、掻くと水疱が潰れる。
すると表面の皮膚は破れる。
破れた個所は広がる。
そうしているうちに別のところにも水疱ができる。
そんな繰り返し。
特に爪の周りがひどい。
最近、大好きな甘夏を食べたいのに、
しみるつらさと天秤にかけることすらある。

元来、アトピー君であるわたしは、
3歳の頃から皮膚科と切っては切れない関係だ。
信頼できる皮膚科にこだわり、
片道2時間かけて前住所の荻窪まで通う。
ステロイドの塗り薬はまさに神である。

そこで処方されているのはデルモベートというステロイド。
最強のstrongestランクだそうだ。
だがその最強薬を使っても一進一退を繰り返す。

そんな主婦湿疹。
人に話すにも病名を口にすると、
「家事の手伝い過ぎなんじゃない」
「そんなの簡単に治るでしょ」と言いたげなのが、
手に取る様にわかってしまう。
でも、結構つらいんだ。
甘夏が食べたいんだ。
レモンも絞りたいんだ。

頼む、もっと人から同情されるような病名にしてくれ。







ラベル:主婦湿疹
posted by しのいち at 00:08| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | いろんなオハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
痛々しい。かゆいし辛いね。

水仕事は必ずゴム手袋ね。

冷やすとかゆみがひくよ。

一時私はフルコート剤を愛用してましたが
なるべく薬はほどほどにして、クリームなどで
治しました。
フタアミンクリームをハンドクリームで使って調子が良くなったよ。
現在は完治しました!

でも一番効いたのは

佐野川温泉です。
Posted by アンパンマン at 2012年03月27日 07:35
わたしも二十代後半から湿疹に悩まされてます。手なんか酷いので、必ず洗いものはゴム手袋してますよ。冬は乾燥するので背中は湿疹だらけです。でも、皮膚科に行くのが面倒臭くて、実家からわざわざ薬を送ってもらってます。辛いですよね〜。

少しでも治るといいですね!
Posted by junko at 2012年03月27日 10:07
アンパンマンさん、どうもです。
そうそう、痒いのに後で痛いし、嫌になる。
自分の場合は、元々の皮膚の弱さがあるから、仕方ないと思うよ。
医者からも対処療法だから上手く付き合っていきましょって言われてるし。
Posted by しのいち at 2012年03月30日 00:16
junkoさん、どうもです。
冬場の乾燥はアトピー君にもつらいよ。
別に嫌いじゃないのに、辛い物や熱い物を食べることを避けるんだ。
身体が温まっちゃうと痒くなるから。
ホントは皮膚科行くと良いと思うけど、相性の合う医者探しが難しいしね。
Posted by しのいち at 2012年03月30日 00:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。