2012年03月22日

程度のいい言い訳

行きつけの店だと友達を誘いながら、
道に迷ってしまった時。
みんなのお腹をこわした原因が
どうやらわたしのお土産だと薄々バレてしまった時。
そっと小出しにしていた屁が
思っていたよりも臭ってしまった時。

わたしは謝る。
案外すぐに謝る。

でも言い訳をする。
結構言い訳をする。
屁理屈加減もなかなかのもの。

だから残るのは言い訳だけ。
とてもヤな感じだ。

じゃあ、それをなおそうか。
そんなつもりで書いた訳じゃない。

3年ぶりに書き始めて、すぐに再び休止。
仕事が忙しいってことにしとこうか。
風邪をひいていた、いっそのことインフルってことにしようか。
いやいや、子供の世話が大変で・・・。
どれもつまらん言い訳ばかりだ。

「言い訳されても何にも変わらないんだから、さっさとやれよ。」
クレームで取引先から言われた言葉。
それもそうだな。
言い訳文集を作る訳じゃないし。
詫びる日記ってなに?

さっさと書くか、またこれから。










posted by しのいち at 01:25| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | いろんなオハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんだか、ものすごくウン!ウン!って同意してしまいました。
わたしもすぐ謝る。
謝んなくていい所でも謝ってたり。。
言い訳したいよね。
言い訳しながらでも続けるのって、悪くないかも。

Posted by ソライエ at 2012年03月22日 09:07
ソライエさん、どうもです。
そうなんですよ、謝んなくていいところで謝っちゃったり。
それで相手も同じようなタイプの人だったりすると、
何に謝ってるのかなんだかわかんなくなっちゃったりして・・・。

安定感あるソライエさんのブログ、参考にしながら、
時に言い訳しながら、続けますよ。
Posted by しのいち at 2012年03月22日 22:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。