2006年10月07日

傘の花が踏まれた

くしくも31歳になった昨日、
くしくも嵐のような東京地方。
異様な光景を目の当たりにした。
Image001~00.jpg
捨てられた傘たち。
目的を果たせずに息絶えた傘たち。
お手軽なビニール傘だが、その命のお手軽だ。

大量消費世界の切ない縮図を見た感じがした。


31歳になったのだから、たまにはまともなトピックをね。
posted by しのいち at 01:41| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ピクる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しのいちさん!
こんばんは。
移転お疲れ様です。
そして、お誕生日おめでとうございます。
この光景、すごいですね。
ある意味現代アート。コンセプチュアルです。
ではまた!(^▽^)/
Posted by mine at 2006年10月20日 04:53
mineさん、シーサー一番乗りアリガトございます。
この背景、ちょっと冒険だけど、
使ってみましたよ。
Posted by しのいち at 2006年10月22日 01:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。