2012年08月16日

果物の汁

30代以上の世代では子供の頃、
「コーラやキリンレモンを飲むと骨が溶けちゃうよ」
なんて言われていたのではないか。
我が家もそうだった。
あの炭酸でシュワシュワって溶けていってしまうのだと。
そして、信頼の印$カ協のジュースばかりを飲んでいた。
生協のサイダーを・・・。

子供は単純である。
何も考えず、小学生の頃まではコーラを本当に避けていた。
で、生協のサイダーならば絶対的信頼の下に飲んでいた。
コカコーラ社の炭酸と生協の炭酸は違うのか。
なわけないだろう。
良い意味でプロパガンダみたいなものだったんだろうなあ。


DSC_0629.JPG
↑クリックで拡大

ところでだ。
先日、出張から帰りの新幹線。
あまりに退屈で飲み終わったポカリスェットのペットボトルを見ていて気付いた。
原材料のところに「果汁」と書いてあるのに、
その右には「無果汁」の大きな字。
誤植なのか。
隠し味を隠し切れなかったのか。
これを誰かに伝えたい気持ちで退屈さは一気に吹き飛んだが、
家に帰って調べたら、何のこともなかった。
果汁5%未満の場合には無果汁と表記してもよいらしい。

ただ、疑問は残る。
何の果汁なんだ。
なぜ何の果物か書かないのだ。
中途半端に隠す隠し味だなあ。
味からしてグレープフルーツだと思うんだが。
それとも予想外な果物でも入っているのか。




書いててどうでも良くなってきちゃった。
退屈しのぎからネタを拾ってくるのはやっぱりダメだ。
posted by しのいち at 01:42| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ピクる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月07日

徒歩29分

これまで電話でやり取りはしていたが、
まだあったことのない客。
ご挨拶にお伺いしたいと申し出ると、
「ここは狭いし、わざわざ来てもらわなくても大丈夫ですから。
 それに今はとても暑いですし・・・。」
と来られてはまずい何かがあるのだろうか。
だからと言って、
「そうですね。では残暑も終わった秋晴れの日に伺いますよ。」
という、ビジネストークはナシだろう。

資料を持参して説明をしたいと話すと、
秋晴れの日まで持ち越さずに済んだ。

初めて行く客。
ホームページに住所とラフな地図を載せている。
ご丁寧に最寄駅からの道順も書いてある。
銀行、小学校、パン屋さん・・・。
とはいえ、縦線と横線だけで描かれた地図だけはたどり着く自信がない。
ヤフー地図で検索する。
住所は番地まで入れれば、ピンポイントで表示する。
こういう時にネットはホントに便利だと思う。
さあ、駅からの道順を再確認し、出かけよう。
ただ地図を見て気になることが「最寄りの駅から徒歩29分」。
29分は徒歩圏なのか。

徒歩1分は80mである。
不動産の仕事をしてたから知っている。
29分も歩き続けたら、優に2kmを超える計算。
近くに路線バスはない。
タクシーを使っていく程の仕事ではない。

やってみるとわかるが、この80m/分は相当早い。
詐欺じゃねえかと思う部屋探しの人もいるくらい。
実際には35分は歩くだろうか。
いやいや、35分は片道だけだってことも忘れるな。
往復1時間10分。
何の仕事だ。歩くのが仕事か。
なんで明日行きますって言ったんだ、オレ。

明日は暑いのだろうか。
しばらく涼しい日なんてあっただろうか、どうせ暑いだろう。
大きなタオルを持っていけ。













posted by しのいち at 01:14| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | いろんなオハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。