2012年01月05日

3年

思春期の3年間は長い。
荒れに荒れる者もいるが、人生の何かを見つける者もいる。
大病を患う3年間も長い。
余命3年をもし宣告されたとしても、そんなアバウトな宣告、
たぶんそのまま生き永らえるのでは・・・。
実家の犬は6歳から9歳になった。
中年から初老になった。

そんな3年間のブランク。
AOLブログはとっくに閉鎖されてしまったらしい。
そもそも3年ぶりに書いて、だれか読んでいるのだろうか。
まあよい、すすめる。

3年前、父が心筋梗塞で倒れた記事以来とは、随分なおはなしである。
当初、その記事の後が続かなかったため、
一部では「家庭の事情」で終えてしまったのではないか、と心配された。
だが、なんのことないはない、ただの怠慢で書かなかっただけだ。
父は若干影響を残しているものの、
相変わらず、口煩いじじいで健在だ。

いきなり再開も失礼ってものだ。
とりあえず、3年間をだいたいの時系列で、
だいだいの出来事をなんとなく書いてみる。

父が倒れた時、何気に失業中だった。
やることがなく、毎日図書館で片っ端から雑誌を読み漁っていたが、
そろそろ失業保険が切れるころ、転職した。
ある意味、ベテランの域の転職回数、特筆なし。

当時、ごみ屋敷と化していた部屋で、
ベット以外にいる場所がなく、
布団の中でビールとスナック菓子がブームに。
1年で約10キロの激太りを記録。
以降、その体型を奇しくも忠実に維持している。

10年住んだ荻窪から千葉県に引っ越す。
結婚をし、たまたま海外に親戚ができたが意思疎通が難しい。
片付けができないわたしはまるで家宅捜査かといわんばかりの段ボールを
新居に持ち込み、2年過ぎた今でも片付けができないでいる。

JR松戸駅のホームから転落する。
人様に多大なご迷惑をおかけし、
以来、外で飲む機会が激減する。
いや、誰も誘おうとしなくなった。

例の大震災が起こり、まんまと帰宅難民になった。
翌日帰宅すると、高い食器ばかりが割れ、安い食器ばかりが残った。
その後、原発から200キロ以上離れているくせに、
ホットスポットであることが判明。
わざわざ新潟で水用ポリ容器を買ったり、
しばらくマスクして外出してみたり、右往左往する。

子供が生まれた。
人生というか、軌跡というか、ちょっとまとまった感がした。



3年間を書いてみた。
さあ、これで3年間を総括し終えて、
またしのいちブログを再開するんだよ。
なんて、虫のよさでいいのかな。

いいんだよ、またどうせ無責任な更新の仕方なんだし。




posted by しのいち at 00:59| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | いろんなオハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。