2008年01月21日

根性と気合の解説

 現役時代は阪神、大洋(現横浜)の俊足外野手として活躍し、明るい性格を生かした野球解説で知られた加藤博一さんが21日、肺がんのため、56歳で亡くなった。
 3人の俊足選手が並んだ1985年の大洋の「スーパーカートリオ」で、加藤さんは主に2番打者。1番を打った高木豊さんは「兄貴のような存在だった。昨年の手術の後、いったん回復され、一緒にゴルフもした。その時『来年(2008年)はバリバリ(仕事を)やる』と話していたのに…」とその死を悼んだ。
 70年に西鉄入りした後、なかなか芽が出ず、相手投手の癖を盗み、俊足を生かすことを徹底して徐々に出番を増やしていった。ひょうきんな性格でチームのムードメーカーとなり、引退後は明るく嫌みのない解説で選手やファンから親しまれた。解説者として同僚だった横浜の大矢明彦監督は「いつも笑顔を絶やさなかったあの元気者が…」と早過ぎる別れに驚きを隠せなかった。 (時事通信)


80〜90年代にかけて、
フジテレビの「プロ野球ニュース」は贅沢な野球ニュースだった。
その日に行われたセパ6試合を
1試合ごとに各アナウンサーと各解説者がお届けする。
プロ野球だけで1時間近く。
まさにプロ野球ニュースだった。
西本幸雄、別所毅彦、関根潤三、大杉勝男・・・
とても豪華な解説陣。
地方の試合でも決してダイジェストにはせず、
地方の放送局からしっかりと伝える。
野球人気の低下が叫ばれる現在では有り得ない番組だった。

そんな解説陣の中に加藤博一氏はいた。
現役時代、万年Bクラスの横浜大洋で
高木豊、屋敷要と「スーパーカートリオ」などと呼ばれた。
めぼしい活躍をしたのかと言えばそれほどでもない。

しかし、現役引退後明るい性格は解説者として大成した。
ただ、加藤博一氏の解説は他の解説者とはちょっと違っていた。
基本的に技術的な事は言わない。
いや言えなかったのかもしれないが。
メンタル面重視の解説。
「今日の清原はここで自分が決めないといけない。
 そんな気合があのフォークをホームランにしたのです。」
「連敗は自分が止めてみせる。
 その気迫が今日の試合でしたね。」
てな具合。
相方のアナウンサーが技術的なことを聞いても
精神的な解説をする。
そんなやり取りばかりだったと思う。

「プロ野球ニュース」が終わってからも
「すぽると」という狭い番組の中で、
時にはサッカーやバレーボールの話をふられても頑張っていたのだが。

56歳、まだまだ早い。
野球が一番好きだった頃の一番野球を伝えてくれた番組の出演者が亡くなった。

posted by しのいち at 23:37| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事ネタのオハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。