2007年12月26日

地下鉄博物館

ああそっちかあ。

今話題になっているのは大宮にできた鉄道博物館。
広くて展示物も沢山らしいが
人だかりもそれはそれはすごいらしい。
そのうち行ってみたいとは思っているものの、
混雑の中、行列作ってベルトコンベアーのように
止ることもできずに館内を廻る・・・
それは耐えられない。

年内最後の連休、
クリスマスが絡んだ先週末は
どこに行っても人ばかり。
逆に出かけることが億劫になってしまうくらい。
だが、エアポケットのようなスポットがあった。

東京メトロ東西線の葛西駅。
これと言ってクリスマスらしさを感じさせない駅前。
地下鉄博物館は駅のすぐそばにある。
駅前ではない。
駅の下にある。
駅のガード下に収まる程度のこじんまりとした博物館。

鉄道博物館はスイカ型のチケットで入場できるというが、
地下鉄博物館だって負けちゃいない。
地下鉄にある券売機そっくりの機械で券を買い、
自動改札を通って入場する。
大人210円子供105円。
ジュース1本並みのリーズナブル。
夕方4時という時間ではあったが
冬休みの連休だというのに人が疎ら。

でも展示内容は馬鹿にはできない。
日本最初の地下鉄「銀座線」の旧車両や
映画「メトロに乗って」でも登場した「丸ノ内線」の旧車両がある。
Image1320.jpg

Image1330.jpg
人がいないから客席から運転台までじっくり眺めることができる。
「銀座線」の旧車両なんて車内は間接照明。
人が群がる中で見るイルミネーションなんかよりも綺麗である。

狭い館内を見て廻ると
「千代田線」の運転台と映像が連動したシュミレーションがある。
もちろん、待つことなくチャレンジできる。
ブレーキを解除し、レバーを上げるとガタンと車体が動く。
ブレーキをかけて列車が止まるとガタンと車体が動く。
ちょっとリアルな[電車でGO!]だ。

このシュミレーションは「有楽町線」版、「丸ノ内線」版などいくつもあるが
どれも待つことなくチャレンジできる。
「次の人の為に挑戦は1区間のみ」
と書かれているが、次の人がいないために
小さな子供がずっと運転している。
わたしが運転しようとすると、
東京メトロの制服を着た係員が
「次の駅で終わりだよ」と小さな子供に声をかける。
ちょっと申し訳なさ気に大の大人が挑戦する。
地下鉄は乗っていると案外気づかないものだが、
アップダウンが激しい。
こまめにブレーキをかけたり、レバーを上げたり、結構難しい。
ただ映像は常に真っ暗。
地下鉄だから仕方ないのだが、それほど興味は続かない。
そんなことをしながら、狭い館内を廻ってちょうど1時間。
閉館時間の5時になる。

210円でこの内容。
いいんじゃないか、ガラガラだし、
いろいろアトラクションを試すことができるし。
いいクリスマスだった。

関係ないか、クリスマス。

posted by しのいち at 00:57| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 鉄道のオハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。