2007年12月18日

UFOはいる

「個人的には絶対あると思っている」。町村信孝官房長官は18日午後の記者会見で、未確認飛行物体(UFO)は存在するとの持論を展開し、笑いを誘った。
 政府は同日の閣議で、UFOについて「存在を確認していない」とする答弁書を決定。会見で、見解を求められた町村長官は「政府答弁は政府答弁だが、そうじゃないと(UFOが存在しないと)ナスカ(の地上絵)など説明できない」と力説。このところ、年金問題で政府の責任を繰り返しただされているとあって「どうぞ毎回こういうご質問をお願いします」と言い添えた。
 これに関し、福田康夫首相は同日夜、首相官邸で記者団に「わたしはまだ(UFOを)確認してません」と語った。 
                          (時事通信)

どうやら得意分野だったらしい。
官房長官の町村氏。
派閥政治の復活と言われる福田内閣にあって、
その最たる政治家でもある。
正直言ってあまり好きではない。

確かにUFOの存在を全否定してしまう
政府としての公式見解はあまりにもバッサリしている。
なんとも、国会でこんな質問が出るのは想定外で
政府としては答えるのが面倒臭かったのかなと思う。

年金問題、C型肝炎問題・・・
福田内閣にはいまのところ良い話題がない。
来年はこのまま解散総選挙なんてことになるのだろうか。
だったら、今のうちにこんな話題でインパクトを作っておくもいいのかも。
「UFO長官」なんて具合に。


posted by しのいち at 23:50| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 時事ネタのオハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。