2007年07月09日

黒いプレミアムモルツ

今、居酒屋に行ってこれがあったら
嬉しいなと思うビールは、
プレミアムモルツである。

プレミアムモルツの登場は
「所詮ビールを片手間で造るサントリー」
のイメージを一掃した。

そんなプレミアムモルツに数量限定の更なるプレミアムが登場した。

Image105.jpg

黒のプレミアムモルツである。
登場を知るや否や、その日に買って飲んだ。

さあ、そんな黒モルツの味はどうか。

・・・。
うん、黒ビールだ、確かに黒ビール。
でも、プレミアムモルツはどこへ行った?

そもそも、プレミアムモルツの特徴は
多めに使ったホップの香りにある。
残念ながら、黒ビールの甘ったるさが
これを隠してしまっているとみた。
まあいいか、黒ビールはもともと好きだから。

数量限定にした理由。
なるほど、価値を意図的に高めたのか、
都合のいいように幕引きができるためなのかもしれん。
posted by しのいち at 00:00| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | ビールのオハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。