2007年06月29日

部屋干しトップは部屋干し用?

今日、奄美地方は梅雨が開けたそうだ。
本州も徐々に開けていくのだろうか。

今年は空梅雨と言われる。
確かに雨の日は例年よりも少ない気がする。
だけれども、梅雨は梅雨。
げんなりマインドにさせてしまう、蒸し暑さに変わりはない。

梅雨の時期、一番困るのは、
なかなか外に洗濯物が干せないこと。
空梅雨のおかげでこの点についてはとても助かる。

と、思っていたのだが。

やはり、洗濯物のことで困っている。
乾いた洗濯物が匂うのだ。

わたしは梅雨入り前にあることをした。
普段使っている洗剤を替えてみた。
普段使っているのは、ニュービーズ。
実家で使っている洗剤と同じものである。
それを部屋干しトップに替えてみた。

パッケージには「生乾きのイヤなにおいを防ぐ」と書かれている。
裏面には、「部屋干しトップだけのニオイ抑制メカニズム」と題して、
「ダブル分解酵素」と「除菌成分」が効くとある。
なんだか、薬の有効成分を彷彿させる。
頼もしい。
そう思って、替えてみたのだ。

ところが、この部屋干しトップ。
天日に干しても匂うのだ。
確かに梅雨独特のジメジメさ。
晴れでも曇りでもよく蒸す。
干された洗濯物も蒸される。

「ダブル分解酵素」と「除菌成分」では太刀打ちできないのか。
そこに部屋干しトップの弱点があるのか。
外でだめなら、部屋の中ではなおさらだめなのでは。
いや待てよ、実は名ばかりで、ホントは普通のトップと変わりないのでは。

素朴な疑問を持つ。

室内と室外。
陽があたるのはどちらか、無論室外だ。
では湿度が高いのはどちらか。
・・・である。
洗濯物が乾きやすいのは外だ。
それは解かる。
でも匂いが付きやすいのはどちらかと言えば、
内とも簡単には言えそうにない。

部屋干しのイメージは、乾かない、匂いがつく、
これが定説だ。
本当はそうではないのかもしれない。
では、部屋干しトップって何なのか。

実は、部屋干しトップを使って、まだ部屋干しをしていない。

文句を言うのはそれからだろうか。
次回の洗濯、晴れてても部屋干しをしてみよう。



言っておくけど、ちっとも科学的な根拠があるわけではないからね。




posted by しのいち at 00:46| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | いろんなオハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。