2007年03月23日

早朝バトル

1日24時間、常に世界は動いている。
谷川俊太郎の詩に「朝のリレー」なんていうのがあるが、まさにそう。
普通、昼は起きて夜に眠る。
だから、夜は活動しない。
でも夜だって世界は動いている。
夜に眠るわたしはただそれを知らないだけなのだ。

昨日のことになるが、仕事が休みだった。
休みの日はたくさん眠りたくなるものだ。
寝だめなんて身体的にはできないのに、
どうしてそうしてしまいたくなる。
休みの日はたいてい遅い一日の始まりとなるのだ。

ところが、昨日の前日、おとといの話になるが、
我が家のインターネットに接続するADSLが使えなかった。
よくわからないが、モデムとやらに不具合が生じていたらしい。
そのモデムには電話回線もつないでおり、
ケータイ以外はいわば通信手段を断たれていた。
休み前日にこの状況。
特にすることも無く、12時前には床に就いてしまった。

あくる日、朝6時に目を覚ました。
普段ならば、ここで二度寝に入るところだが、
寝覚めは非常によく、寝付くことが出来なかった。
仕事のある日よりもはるかに早い朝。
それはそれで特にすることなく、
手持ち無沙汰である。

ただ、早起きは三文の得とはよく言ったもので、
ゴミ出しをしなくてはいけないことを思い出す。
いつも出かける直前に起き、
あわただしく支度をするわたしは
ついゴミ出しを忘れてしまう。
その度合いはひどく、
古新聞に関しては新聞整理袋にして、4袋にも相当する。
そして、昨日は資源ゴミ回収の日だった。

早速着替えて、古新聞の整理を始める。
恐ろしいことに新年の特集を組まれた新聞も積まれている。
整理した順に古新聞を集積所に持っていく。
我が家の最寄の集積所は2軒隣のアパートの角である。

パンパンになった整理袋は結構重い。
抱えるようにして持っていく。
一つ置いてくると、二つ目の準備をし、
また再び抱えるようにして持っていく。

そのピストン運送をした時のことだった。

二つ目の袋を抱えて家を出た途端、
前方の集積所の前からトラックが走り出す。
真っ白な2トントラック。
トラックには一切の文字はない。
でも、荷台には古新聞のほか、ダンボールが積まれている。
状況が把握できた。
むろん、先ほどわたしが置いた古新聞の整理袋は無かった。

どこかの街では、こうした資源ゴミの無断回収が問題になっているらしい。
理由はわからないが、
単にゴミを回収してもらうことだけを考えれば、
わたしには関係の無いことである。
そう思いながら、二つ目の整理袋を置いてくる。

さあ、古新聞の片付けも佳境である。
三つ目を作り上げ、また抱えて家を出る。
すると、前方にはまたしてもトラックの走り去る姿が。

しかし、今度のトラックは青い。
荷台には簡単な幌も見受けられる。
先ほどのトラックと共通していることは
トラックにまったくの文字が無いこと。
白いトラックを見てからわずか5分のことだった。

なんだか、ちょっと怖くなる。
もしかして、わたしが古新聞を出す姿をどこかで見ているのだろうかと。
複数のトラックが。
そう思うと、一部始終見られているようで、
もう古新聞をだすのは止めにしようと思う。
せっかく運び出したので、三つ目の整理袋を置いて、
そそくさに帰ってきた。
案の定、外からトラックであろう、エンジン音が聞こえてきた。
でも、その姿を窓から見たくは無かった。

我が家の前の道路は車のすれ違いなんて出来ない、狭い道である。
日中、車が通ることはめったにない。
そこを早朝、さまざまなトラックが走っている。
きっと、こんなことが日々、繰り返されている。
寝ていてまったく知らない世界。
角にある我が家、1階のわたしの部屋に
トラックがつっこまないように願うばかりである。


posted by しのいち at 23:59| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | いろんなオハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

アフターダーク

久々に村上春樹の新しい本を読んでいる。
何度も「ねじまき鳥クロニクル」ばかり
読んでいるわけにもいかない。
しかも1巻ばかりを。

そして、本屋で見つけたのが、
この「アフターダーク」。
といっても発刊されているのは2004年。
いかに本屋で品定めをするわたしの目が節穴であるのか、
よくわかる。

で、こんなこと書いておいて言うのもなんだが、
まだ読み終わっていない。
なので内容に触れず、コメントくれる方にはネタバレ禁止をお願い。
(前にもこんなことがあったような・・・)

序盤から相変わらず、癖のある登場人物ばかり、
無駄に濃い描写。
大きなストーリー展開もなく、
今読んでいるのが残り2割って辺り。
今回も映画化が難しそうな作品だなあと読んでいく。

途中あることに気づいた。

登場人物が携帯電話を使っている。
別になんてことのないようにも思えるが、
村上春樹の小説に携帯電話が出来てきたのは初めてだ。
普段、色濃い時代背景を描いている作家ではないが、
どうしても70〜80年代を書いたピンボール三部作が思い出される。
むろん、そこには携帯電話は登場しない。
携帯電話が当たり前の世の中になっているのに、
村上春樹の小説の中では違和感に感じる。
基本的に「デジタル物」は似合わない。

そう思いつつ、勝手な先入観の下、今も読んでいる。


posted by しのいち at 01:29| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画、本、テレビのオハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

金キリン

樹木希林と間違えそうだ。


電車の中吊りも馬鹿に出来ない。
昨日、ふと見上げた先にあった中吊り広告。
そこには20日発売のビールが描かれていた。

そして、今日その中吊りに釣られて
そのビールを買ったのがわたし。

Image070.jpg
キリン・ザ・ゴールド。
まさに金キリンである。

なぜにゴールドなのか。
その意図はわからない。
だが、サブタイトルのように後に続く言葉が気になる。

隠し苦味・・・

確かにキリンのビールは苦い。
故に比較的若者にはウケが良くなく、
中高年には好まれる。

しかし、「隠し苦味」って。
隠しているんだったら、言っちゃダメじゃん。

という事で、苦いことを前もって知りながら飲んでみる。
確かに苦い。
普通の一番絞りを飲みやすくしたのだけど、
苦味を2割アップした感じ。
すでに中年に片足突っ込んでいるわたしにはアリのビールだ。
キリンはオヤジ路線を強調する戦略なのだろう。

やっぱりビールはデブ缶じゃないとね。
posted by しのいち at 23:53| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ビールのオハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

スリムなドライ

見た目が問題だ。

Image068.jpg
スーパードライ発売20周年を記念したスリムボトル缶。
スマートなスリムボトル。

でも、もちろん中身は普通のスーパードライ。
別に優るとも劣るわけでもない。
そして容量は350ミリ。
これまた普通の缶と同じ量である。

飲んだ感想・・・
特に無い。

でもなんだか変な感じがする。
普通の缶で飲むよりもむしろ損した感じがするのだ。

書いたように中身は普段と変わらないスーパードライ、
容量も同じである。
それなのに何故か。

それはこのスリムさに原因があるんだと思う。

当然スリム缶なのだから普通の350ミリ缶よりも細い。
そして、その分高さがある。
だが、この細さが体積を小さく見せている。
結果、同じ量を飲んでも少なく感じてしまうのである。

こうして考えると、ビール缶にはスリムさは要らない。
それよりも、太くてごっついお得さが欲しいものである。
別に車や家電じゃないのだから、
スマートでモダンなフォルムは結構だ。


そんなに文句を言うのなら、買わなきゃいいじゃん・・・

確かにもっともなわたしの独り言。
posted by しのいち at 23:53| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ビールのオハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

お金で想定内

久々に仕事で遅く帰ってきた今日、ついさっき。

たまたまネットニュースで見かけたホリエモンの記事。
実刑判決と即座に保釈の記事。

既に一日経っているニュースだったが、
特段驚きもせず、
知ったのが遅かったからといって惜しいとも感じず。
別にこんな話題に今更コメントする気もない。

ただこれだけ言いたかった。

疲れを癒すのにビールにしようか、発泡酒にしようか、
迷いに迷って
ロング缶の発泡酒で妥協するわたし。
かたや迷いもせずに、3億円に2億円を上乗せして
保釈されるホリエモン。
これを格差社会と言わずして、何と言わんや。

桜金造氏、都庁での「小山ゆうえんち」に期待する。
posted by しのいち at 00:47| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 時事ネタのオハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

選択ばさみ

変換ミスではない。
敢えてこれだ。
でも最初に変換すると「選択ばさみ」。
まさに飼い主に似るペット。

なかなか買えない物がある。

家であったり、車であったり、
そんなものはお金が無ければもちろん買えない。
でもそんなものでなくても
ついつい買えないものがある。
そう、買いそびれてしまうもの。

わたしの場合、洗濯ばさみがそれである。

洗濯をすれば、当然洗濯物を乾かす。
心地よく晴れた日には天日の下に干す。

それに欠かせないものは物干し竿である。
もちろん我が家には物干し竿がある。

洗濯ばさみはこの洗濯物を乾かす過程で
補助的な役割を果たす。
心地よく干される洗濯物が飛ばないように。

我が家にはこの洗濯ばさみが不足している。
なぜかは知らない。
別にわざわざ考えて知ろうとする程度のことでもない。


この程度の認識が買いそびれる一因につながっている。


だが、洗濯ばさみがない影響は実のところ大きい。

大抵の場合、夜もしくは朝洗濯をする。
洗濯をし、干した後どうするか。
夜ならば布団に入り、
朝ならば外に出かける。
物干し竿にかけられた洗濯物は放置される。

そうだ、放置プレイだ。

この放置プレイは結構残酷なものである。
夕立という突如の雨によって水浸しにされたり、
春一番という突風によって物干し竿から引きずり降ろされたりする。
主がその一部始終を監視してくれることは無く、
最悪の場合、雨でぬかるんでいる地面に洗濯物が叩きつけられる。
その惨劇が仮に干されて間もなかったとしても
主に気づかれるのは半日後、下手をすると一日経ってからのこともある。

こともあろうか、主は舌打ちをしながら、
悲惨な姿となった洗濯物を取り上げ、再び洗濯機にかける。
この舌打ちは雨風に対するものなのか、
洗濯物に対するものなのか。
もし洗濯物に対するものならば、とんだとばっちりである。
洗濯物としては、むしろ主に悔いてもらいたいのが本音だ。

それにもかかわらず、主は洗濯ばさみを買いに行かない。
別にわざわざ買いに行かなくてもよい。
何かのついででいい。
年中ビールを買っているのだから、そのついででいい。
それなのに買ってこない。
そして、洗濯物は過酷な環境で我慢に我慢を重ねる。
そして主には舌打ちをされる。

もう洗濯物なんかやってられるか!

そんな窮境にやっと気づいた主、本日やっと洗濯ばさみを購入。
いつも選択肢にはなかった洗濯ばさみ。
常にあるものの選択とあるものの選択に挟まれていたのだろう。


この文章はこれまで耐えてきた洗濯物達に捧ぐ。



posted by しのいち at 01:00| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | いろんなオハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

この桜はありなのか

気象庁が桜の開花予想を訂正。

昨今の温暖化の影響とはいえ、
静岡が13日というのはあまりにも早すぎると思ったのだ。
入学式どころか、卒業式にも間に合わないなんて
桜の花びらの存在意義が薄れてしまう。

ところで、この時期になると
桜にあやかった限定商品が多数出てくる。
特にキットカット。
入試シーズンには電車やタクシーにまでラッピング広告がされていた。
キットカット=きっと勝つぞ。
字の如く、カットされてしまうなんて思うのは、
すれたわたしだけか。

ちょっと前のハナシ。

箱根に仕事で行ったとき、
見慣れないタバコを見つけた。

普段吸う銘柄がそこには無かったため、
試しに買った。

Image064.jpg
「さくら」だ。

写真からは見て取れないが、
桜模様のシールで封がされている。
箱を開けると、
中紙は和紙で出来ている。
ちょっと洒落ている。

もちろん味にいけるのだろうと吸ってみる。

すると、とたんにげんなりする。
マズイ。

最近は専らメンソールを吸っているせいかもしれないが
煙くさい。
「さくら」の名称とパッケージに釣られて買ったが
相場よりちょっと高めの340円のその「さくら」は
中身より外に咲いてしまっている。
結局のところ、同じひらがなタバコである「わかば」に近い。

ネットで調べてみると、
神奈川県限定で売られており、販売期間には限定が無いとのこと。

なんでもかんでも限定=良いという公式があるわけではない。
posted by しのいち at 23:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | いろんなオハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

金はなんでもいただけるの

今回は金は金でもカネだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070309-00000194-jij-spo
プロ野球の西武は9日、過去にアマチュア有力2選手に対し、「栄養費」を渡す不適切なスカウト活動があったことを明らかにした。太田秀和球団社長はコミッショナー事務局、パ・リーグに報告した。プロ野球では、選手獲得に際し、一切の利益供与が禁じられている。
 不適切なスカウト活動は2004、5年に行われ、1人の選手には1025万円、もう1人には270万円を支払ったという。西武は2選手ともに獲得していない。選手の氏名や所属は明らかにされなかった。太田社長は会見で、「処分はコミッショナーの判断に従います」と話した。                                       (時事通信)

初対面の人とは、野球と宗教の話はしないほうがいいと言う。
それは人それぞれ強い感情がかかっているからである。


例えば、新しい職場。

慣れない環境に気を遣って上司が食事に誘う。
そんな上司も単身赴任。
大阪に家族を残してきた上司も
言葉や気質の違う東京に慣れるまでには時間がかかった。
今でこそ人に悟られないくらいまで標準語が話せるようになった上司だったが、
それは大阪で待つ家族、
そして阪神タイガースの活躍が心を支えてくれているからだった。

大阪人でも唸るお好み焼きの名店に連れて行ってくれる。
とりあえず、優しいそうな上司。
何を話したらよいのだろう。
仕事の話は今日は無しだ、と上司が言う。
でもかえって話題探しが難しい。
そんな新人はジャイアンツファン。
大鵬は知らないが、玉子焼きは大好きである。
よし、饒舌に話せる野球ネタにしよう。

くしくも昨晩の阪神VS巨人戦、
上原の準完全試合、出たランナーは赤星の捕手失策によるもの。
しかも盗塁を失敗している。
この試合で巨人は2位に10ゲーム以上の差をつけての1位、
阪神は早くも自力優勝の可能性が消滅の6位である。

新人は事細かに昨日の試合について語る。
最後には「巨人のために阪神がある」とまで。

優しいはずの上司も最初は顔色を変えず、
にこやかだった。
だが、次第に眉間に一本一本しわが増えだし、
日本酒がおちょこから震えてこぼれる。
それでも上司は黙って聞いていた。

翌朝、新人が出社すると昨日机の上にあったパソコンは
そろばんへと替わり、
イスは丸イス、机は会議室にあったはずの折りたたみテーブルだった。
上司は昨日と変わらず、にこやかな優しい顔だったが、
1週間後、新人の折りたたみテーブルが畳まれたことは言うまでもない。



ところで何の話をしようとしていたんだっけ。
そうだ、野球の話、記事の話だった。

わたしは西武ファンである。
ラジオの野球中継は文化放送、
松坂の大リーグでの活躍を心から祈っている。

そんなわたしに上記のニュース記事。

やってはいけない、
と言う感想はもちろんのことではあるのだけれど、
それより気になるのは額のハナシ。

そんなにもらえるの。

一人は1千万円ももらっている。
入団すらしていないのに。
1千万円といえば、それなりのステータスを築く人の年収、
下手をすると人によっては年収4年分にもなる。
もらうだけもらって、プロ入りせずに
デイトレードして儲けようなんてこともできる。

そこまで至れり尽くせりだったら、
逆指名だって当然のことである。
ただ、忘れてならないのは、安い年棒で働く選手。
西武で一番安い年棒は550万円。
一軍にも上がれない選手は今年こそは意気込んでいるところ。
それなのに、シーズン前に何もしていないヤツが
自分の1年以上の稼ぎをもらっているという事実。
腐ってしまう。

ということで、今年の西武には若手の台頭、
とりわけ万年二軍選手からの成長は期待できない。

今年はクリーンなイメージの王さん擁するソフトバンクでいいんじゃないか。




posted by しのいち at 23:22| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(7) | 時事ネタのオハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

金はなんでもいただき

 宮崎県延岡市熊野江町の市道で、長さ240メートルの区間に設置されていた鉄製のガードレール27枚(総重量約900キロ、計約12万円相当)がなくなっていたことが、分かった。
 今月1日に住民から県警延岡署に通報があった。同署は、金属価格の高騰を背景とした窃盗事件として捜査している。
 調べによると、ガードレールは、長さ4メートル。支柱から外されて持ち去られていた。市土木課によると、ガードレールを支柱に固定するボルトは一般用より大きく、家庭用工具で外すのは困難だという。市は応急処置として、支柱にロープを張った。
                       (読売新聞)

金は金でも金属だ。

近頃、おかしな窃盗事件のニュースばかりを耳にする。
銅線やら鉄板、鉄パイプ、墓地の線香皿・・・
そのうち被害は道路の車止め、歩道の鎖にも及ぶ。

何でそんなものを、と思ってしまうが、
北京オリンピックを控えた中国では現在建設ラッシュで、
鉄や銅が高騰しているという。

ほとんどが深夜の犯行。

深夜の窃盗と言えば、コンビニや無人ATMが狙われるもの。
深夜の公園や道路といえば、ヤンキーな若者がたむろい、
酔っ払ったオヤジが植え込みで寝ているもの。
コンビニや無人ATMには防犯カメラやセコムがある。
しかし、ヤンキーや泥酔オヤジでは役には立たない。
というよりも、鎖や柵などは無数にある。
日本中、宝がザクザクである。
これを監視するには、日本国民総警察でも足りない。
猫の手を借りても足りないぐらいだ。
翌朝になって、やられたと頭を押さえるしかないのか。

考えるにこれを未然に防ぐことは難しいようである。

だが、これだけは窃盗グループにお願い。

ガードレールだけは止めてくれ。

仮に百歩譲ったとして、盗むことは許す。
でもガードレールは車をガードするために必要なもの。
ガードレールがなかったがために車が転落してしまった、
なんてことが起きてしまったらシャレにならん。
だから、もし仮にガードレールを盗んだとしても
代わりに石で作った柵かなにかを置いていってくれ。

まったく何でもかんでも盗みやがって。
外にあるステンレス製物干し竿や郵便受けも狙われてしまうのだろうか。
と思うと、夜も眠れない。


ところで、ガードレールなんて誰が換金してくれるのだろう・・・。

 
posted by しのいち at 23:27| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事ネタのオハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

GO NORTH

地理の話、
というかメシの話。

我が家は荻窪駅から北へ歩いて15分ほどのところにある。
我が家の周りは、閑静過ぎるほどの住宅街。
店という店がない。
最寄のコンビニまでに10分近く歩く。
そんな我が家の位置関係。

今日の東京は嵐だった。
仕事からの帰り道、
駅に降り立つと凄まじい暴風雨。
これはシャレにならんと駆け足で家路を急ぐ。
濡れはしたものの
何とか家に着いた。
よかったと胸をなでおろす。

だが、それからしばらくしてある事に気づく。

メシがない。

基本的に食料を置かない最近の我が家、
晩飯は外で食べるか、
作るにしても食材を調達してから家に帰ることにしている。
独り暮らしならばよくあることだ。

それなのに、暴風雨の今日はそれを忘れた。
外はまだ暴風雨。
宅配ピザのチラシは見つけたが、
今日はピザの気分ではない。

そんなことをいっても食事にありつけなければ。
だからといって、駅のある南方向に戻るのはなんだか嫌である。
そこである決断をする。

よし、北に行こう。

荻窪に住んで7年にもなるのに、
実は家から北方向には数えるほどしか歩いたことがない。
実質、北の地は未知の地であるのだ。
そこには遭遇できる素晴らしい未知があるかもしれない。

そう思い、暴風雨のなか、
さっそうと傘を広げて家を出た。
とたんに雨は止み、風が弱まった。
まるで、北の地がわたしを歓迎してるかのよう。

程なく、早稲田通りに出る。
しかし通り沿いに店はほとんどない。

それでもわたしは早稲田通りを歩いた。
通りを歩くこと、5分くらいだろうか。
小奇麗なラーメン屋を見つける。
ガラス張りの店内にはカウンター席が10席ほど。
空きは1つしかない。

ものは試しだ、中に入る。
メニューを見ると、
味噌、塩、醤油、和風の種類。
スープの種類の多さにちょっとガッカリ。
なぜならば、カレーもラーメンもコーヒーも出てくる
ドライブインを彷彿させるから。
何でもアリも何でもおざなりような気がして。
そんなことも言っているわけにもいかず、
一風変わったところで和風ラーメンを注文。

すると、わたしの印象が一転する。

カウンター内にオールバックのお水に居そうな若い店主。
だが、この店主の手際がいい。
あれよあれよという間にラーメンが出来上がった。

そして、食す。
結構美味い。
面の上に乗っている長ネギと小ネギのバランスがいい。
チャーシューはかなり大ぶり。
スープのあっさりした中にだしが効いて美味しい。

店の名前は「ラーメン大慶」、
無論とっさのことで写真は無し。

こんな近くに美味しいラーメン屋があったとは。
店を出ると風も止んでいた。

押してだめなら引いてみな、とはよく言ったものだ。
わたしの中で格言が生まれた。
「南がだめなら、北に行け」

ペットショップボーイズの「GO WEST」。
東がだめだから西なのか、は定かではない。



posted by しのいち at 00:33| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | いろんなオハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。