2006年12月25日

クリスマスをめぐる冒険(前編) イブの誓い

昨日、わたしはある誓いをした。

それは・・・

ケーキを独り占めにするという野望を貫徹することである。


あえて言わせてもらう。
別にクリスマスで騒ぐ世間から逃れ、
独り寂しくケーキだけでもクリスマス気分を味わおう、
というしょっぱい話ではない。

おととい、ちゃんとケーキは食べている、
キムチ鍋しながらだけど。
それなりにクリスマス気分は味わっている。

だが、そのケーキにはナイフが入れられた、
切り身である。
わたしが食べたい、いや食いたいケーキはそうではない。
わたしが食らいたいのは誰からも侵されていない、
真っ白なケーキを贅沢に
ナイフをいれず、スプーン1本で
攻めるように食べていくことなのである。

そこでひとつの疑問が生じる。
そんなこと、いつでも出来る事だろうと。

しかし、30を越えたいいオトナ。
そんなことのためにケーキが使われるなどと
悟られないにしても、不自然さは拭えない。
「子供の誕生日なんだ」と言い訳するのもいいが、
心の奥底にあるなんとなくの情けなさを気づいてしまうだけである。

だから、クリスマスはわたしの野望を実行に移す
大義名分なのである。

この野望には、見せ場がある。
クリスマスケーキはクリスマスだからクリスマスケーキである。
当たり前のことだが、言い換えれば、
クリスマスケーキはクリスマスが終わるとただのケーキとなる。
世間のおとうさんやカップルが並んで買っていたケーキが
用無しになってしまうのだ。
つまり、用無しになったケーキは安く売られる。

わたしのそのタイミングを狙っているのだ。

ターゲットは我が家の近くのコンビニ3店。
駅からの帰りの途中、そのうち2店を偵察してきた。

まずはサンクス。
ここは近くとはいえ、5分以上歩くことになる店である。
9時30分現在、ケーキは平積みで10個はある。
あればあるほど、余る。期待できる。
ただ、ここは商店街の中にある店、
油断はできない。

次にセブンイレブン。
家から最も近い。
だがこの店、9時45分現在、大きなケーキは1個のみ。
わたしは愕然とする。
しかし、まだ在庫があるのかもしれない。
タイムリミットが迫っているにも関わらず、
店頭に出し忘れたケーキが。
まだ諦めてはいけない。


さて、わたしは今、英気を養っている。
決行は11時45分と決めた。
もし、荻窪のコンビニでケーキの前にて挙動不審の男がいれば
わたしである。
決して失笑することなく、
ぜひ温かく見守っていただきたい。


このトピック、前編と言うことは、もちろん後編がある。


posted by しのいち at 23:05| 東京 | Comment(4) | TrackBack(0) | いろんなオハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。