2006年11月29日

895179

いったい何の数字なのか。

これはわたしが上京して
最初に住んだ部屋で使っていた電話番号である。

だからどうしたというのか・・・。

89−5179
ハチジュウキュウゴウイチナナキュウ

読み方を替える。

ハクコウイチナク

そうだ、「吐くコウイチ泣く」。
吐くこういちは泣いてしまうのだ。

当時、NTTより偶然与えれたこの番号を
どうにかして何かに活かしたかったが、
その何かがわからなかった。
そんなもの、永遠にわかるはずもないのだろうけど。


さて、所変わって電車の中。

シートに座っていたわたしの前に
学生だろうか、
両手につり革を持って立っている。
だが、その姿は立っているというよりは
つり革に支えられ、もたれている。

その若者は酔った帰りなのだろう。
なにやら異音がする。
その異音は次第に明確なものへと変わっていく。
嗚咽だ。

もたれている若者とその正面のわたし。

それは、至近距離でロックオンされた獲物の構図である。
蛇に睨まれた蛙。
まさに凹と凸の関係。
避けることに出来ない危機がそこにはある。

その若者を見ると目には涙が。
これは本物だ。
バースト寸前。
これを回避するには手段はひとつ。
逃げるしかない。

わたしは自らの領土を放棄し、席から立ち上がった。
そして、その若者は力尽きたかのように替わりに席に座った。
助かった。
これで放射を浴びることから逃れられる。

ところがこの若者。
席に座ったとたんに
嗚咽がピタリと止まった。
カバンからマンガ本を取り出し、読み始めた。

なんと芝居だったのだ。

男は女の涙には弱いが、
こんなヤツの涙に騙されてしまうとは。
騙す方が悪いが、騙される方にも責任がある。

吐くこういちは泣くが、
吐かれそうなこういちも泣きたい気分だ。
posted by しのいち at 23:53| 東京 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | いろんなオハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。