2006年10月03日

大盤振る舞い

10月になった。
秋冬の始まる月であり、下半期が始まる月でもある。
だから、10月を機に世の中でも動きが起こる。

わたしのケータイ、ボーダフォンも替わった。
会社がソフトバンクに替わった。
以前、呼び名をどうしたものかと要らない心配をしていたが、
広告なんかを見ていると「ヤフーケータイ」に落ち着きそうだ。
(個人的には、「ヴァンクフォン」で行こうと思っているが)

そのケータイ業界だが、ナンバーポータビリティなるものが始まる。
これが実施されると、ケータイ会社を替えても
電話番号と惜別する必要がなくなる。

確固たるブランド力と豊富な機種のラインナップを揃える
ドコモとauは余裕綽々といった感じ。
コロコロ親会社が変わり、機種に電気メーカーが参入したがらない「ヤフーケータイ」
はあの手この手で引止めに力を入れている。
機種変更や新規契約の際に、
無茶なポイント加算に無茶なパケットし放題。
会社の利益って何?
と思えるぐらいだ。

そして、無茶苦茶な攻勢の極み、
それはi podとの抱き合わせ販売。

高枝切りハサミに布団圧縮袋がついてくるぐらい、
無理矢理感を感じる。
独禁法のカラミは大丈夫?
なんて思ってしまうが、
2GBのi pod nanoがケータイ+8,000円の価格設定。

わたしの場合、
ボーダフォンを何の意味なく、
ダラダラ持っていたおかげで、ポイントが17,000円分。
加えて、9/30までの無理矢理キャンペーン5000円分と
他社に替えない代わりにつけてくれる無理矢理なポイントが10,000円分。
なんと、32,000円分もポイントがあるのだ。
機種変更14,000円とのことで、
i pod nanoをつけても10,000円のおつり。

もちろん、機種変した。

ただ、ショップへ行ったのは、
ボーダフォン最終日の9月30日。
夕方だというのに、客はわたしだけ。
ホントに大丈夫なの、ヴァンクフォン。
posted by しのいち at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタのオハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。